FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

需要があるのか分からないけど

ほうれん草のパニーニって珍しい♪

TFM他で日曜16時からやっている福山雅治の番組、「Talking F.M.」
4月5日放送分にて、弾き語りカバーアルバム『魂リク』から、竹内
まりや「元気を出して」について語っていた部分を起こしてみました。
思いの他長くなってしまった…

- - -
「もうそろそろ(曲を)かけないと。達郎さんに先週お会いしましたからね。
このスタジオのお隣で。"すみませんあの達郎さん、ご挨拶させて頂いた
ついでと言ってはなんですけど、奥様にご伝言をひとつあの、お預けして
もよろしいでしょうか" "カバーアルバムが出るんであのカバーさせて
頂いたんです、本当に有難うございます"
だからもうかけないと。何はともあれ聴いて頂きましょうかね」
~曲~
「この『元気を出して』はね、実は、すごく難しいんですよギターが…
(相方 今浪氏:そうなんですね) うん、僕にとってはね。けっこう…分数
コード…があって、まF/G…とかってやっぱり、ちょっとなんか、むつかしい
んですよねちゃんと鳴らすのが。でこれ…原曲はですね転調するのが、半音
転調なんですけども、ギターで半音転調やるとますます難しくなっちゃうんで、
音も…低音がどんどんどんどん無くなっちゃうんで、原曲は半音転調なんです
けども、今回、全音転調、1音転調してるんですよ。で、そうしたことによって、
ギター…の響きを重要視して、その転調にしたことによって、一番最後の、
"ラーラーラーラララ ララーララン ラララーラララ♪" 元々、原曲に入ってる、
薬師丸ひろ子さんの対旋律パートなんです、いわゆるその、"ララララーラー
ラーラララー ララーララン ラララーララン♪"ていう、それがメインのメロ
ディーなんだけど、そのメインのメロディーに対しての裏メロディーというか、
まこれは対旋律っていうんですけども、音楽用語では、そこの、パートを歌って
るんですけども、そこをやっぱり、最後歌いたいなと思ってたんで、歌ってるん
ですけど、ギターを半音転調じゃなくって、1音の転調にしたことによって、キー
が高くなってしまって(笑)、すごいあの、頑張って歌わなければいけなくなって
しまって、頑張りましたこれ。
でもすごい、改めて弾いて、歌うことによって、すごく勉強になりました。
まりやさん有難うございます」

- - -
後書き:
こうしてみると、なんでこれ起こそうと思ったんだろうという内容な気が
してきました。とくにファンでもないし。
ただ書き起こしって、やってる間集中できるので、写経(未経験ですが)
みたいに心を落ち着ける効果はある。

あとやっぱちょっと、「ラララ♪」の部分は文字だけでは伝わりにくいかも。。
とくに1つ目なんて、自分でも曲のどの辺りのことだか、いまいち分かって
ないし(←ひどい。でもできる限り忠実に再現しようとはした…つもり)。

- - -
画像は、横浜の「アンティコカフェ アルアビス」にて3月に撮影。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

achrome

Author:achrome
Twitter:
achrome11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。