FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.21(土)  金時山

趣味が似ている人から、薦められていた山。
しかし登山口の乙女峠バス停に着いたのが、13:40。ギリギリです。


バス停からすでに富士山が見えている。


標高が高い(山頂:1212m)せいか、それとも火山だからなのか、
いつも登ってる高尾山~陣馬山と比べ、登山道が荒々しかった。
(登山口の標高がすでに高い(高尾山頂599mに対し、795m)
ので、頂上との高低差は同程度なのだけど)
至るところで木の根っこが土を失い、剥き出しになっていました。


登っている途中でも、眺望が楽しめます。


15:15 山頂着。
金時山は、箱根外輪山の最高峰にして、箱根山の寄生火山
なのだそうです。昔は猪鼻岳という名前だったらしい。
たしかに、離れて見た稜線は、そんな感じ。

山頂に2つある茶屋のうち、金太郎茶屋のおばさんには、初めて
会ったのにたいへん親切にして頂き、深く感謝しております。
その節は本当にありがとうございました。
甘酒(¥300)を頂いている間、景色の説明もしてくださった。
芦ノ湖だと思っていた遠くの水面の輝きが、駿河湾だったことが
判明。
ちなみにもうこの時は、富士山は見えなくなってました。


15:40頃? 下り始める。
道標折れてるよ。
「公任神社」「金時神社」二通りの書き方があるのね。


「金時宿り石」。
途中、不自然にポタポタと水の落ちる音がして、振り返ったら
あった。暗くなってきて、先を急いでいたので、あやうく見逃す
ところでした。


16:35、ゴールの公任神社着。


「ラッキーズカフェ」でソフトクリーム(ミックス)¥350。

- - - - - - - - - - - - - - - - -
以下余談:

・毎度のことながら登り始めが遅い!
去年なんて、麓のバス停に着いたのが15時でしたからね…
その時は、今回の「乙女峠」バス停ではなく「乙女口」から
登ったんだけど、いきなり道に迷って、登山は諦め、公任神社で
大きなまさかりの写真だけ撮ってとんぼ返りしたのでした…

・紅葉シーズンのせいか、麓の道を車が列をなして走っていた。
(折りしも前日、箱根山の噴火警戒レベルが1に下げられた)

・それにしてもここ、本当に初心者向けの山…?
「山ガールのための山歩きガイド」ていうサイトもあるし、「東京周辺
 子どもとおでかけ 日帰りハイキング」(昭文社)にも載っているし、
「日帰り名山詳細ルートガイド」(枻出版社)には1番目に出てきて、
「登りやすさも展望も超一級」って紹介されているけど。
(そして実際、登山者はたくさんいた。年間を通じて賑わうらしい)
ここが初心者向けというなら、高尾山~陣馬山はきっと山じゃないので
あろう…(ていうかもう年(ry
特に頂上付近は急なので、降りてくる親子連れの、子供がべそかいて
たりした。

・去年に続き、今回もバスが大幅に遅れた。行きは渋滞で1時間ちょい
遅れ、帰りは事故渋滞で4時間かかると言われた時はどうしようかと。
結局、行き帰りとも、3時間弱で済みましたが。(時刻表通りなら1時間
50分の道のり) 東名高速を車で行くのはやっぱりダメだな、わたし
みたいに車酔いする者は。次回がもしあれば、御殿場か箱根湯本まで
電車にしよう。
ところでこのバス、予約サイトでは全時間帯「○:空席あり(7席以上)」に
なっていたので予約せずに直接バス停まで行ったら、行きのバス、なんと
満席。帰りのバスも、乗れはしたけど、途中のバス停で満席になってた。
一体何なんでしょう「高○バスネット」の情報は…出発直前に急にお客が
殺到して満席になった、とかなの??

で、行きのバスでは、補助席に座りました。トイレに人が来る度、椅子を
バタンと畳んで立たなきゃならんし、気まずい…両隣の人たちがいい人で
よかった。(というか、左隣の兄さん、文庫本読みながら、時折クスクス
笑ってたんですけど…読み止めて前のシートの背面のポケットに入れた
時、見えた表紙が「グレート・ギャツビー」…え、その本、そんな可笑しい
とこありましたっけ…?? ラノベでも読んでるのかと思いましたよ

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

achrome

Author:achrome
Twitter:
achrome11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。